24時間営業してるゴルフ練習場の活用法|時間を気にする必要ナシ

いつでも気軽に練習できる

手ぶらでも大丈夫

ゴルフボール

男子プロのアメリカでの躍進や、女子プロの人気選手の引退などで最近またゴルフが脚光を浴びています。大自然の中のコースでプレーすることはゴルフの醍醐味のひとつですが、それには都心から離れたゴルフ場まで行く必要があること、プレーするメンバーを集める必要があること等、いつでも気軽に楽しめるわけではありません。また、練習もせずにいきなりコースに出て同伴者などに迷惑をかけることも心配です。しかし、忙しい都心の会社勤めの人でも24時間営業のゴルフ練習場に行けば、会社帰りなどに気軽にボールを打って汗を流すことができます。24時間営業の良い点は、思い立った時にいつでも行くことができる点です。つまり、コンペの直前、早朝都心を出る前にちょっとだけ練習したいという時にも24時間のゴルフ練習場なら練習する事が出来るのです。ゴルフ練習場によっては24時間いつでもレッスンを受けることができますので、本番プレー直前の微調整などに役立てることができます。また、24時間営業のゴルフ練習場の中にはレンタルのシューズやクラブを用意しているところもあります。その様なゴルフ練習場には手ぶらで行くことも可能なのです。ロッカーの契約が可能なゴルフ練習場では自分のクラブをロッカーに保管しておくこともできるので、24時間いつでも手ぶらで行っていつものクラブとシューズで練習することができます。服装についても自由な所が多いので、運動に適した服装であれば普段着やトレーニングウェアのまま練習をすることができます。

教室利用について

ゴルフ場

ゴルフを行う目的は人それぞれとなっており、始めるきっかけも様々である。趣味として行う場合や、会社関係の付き合いとして行うこと、運動としておこなうことなどがある。ゴルフを始めると、一般的にはより上手くなりたいと思うことが通常である。特に、人付き合いで始めるようなケースでは、コースを回る際の足手まといにならないためにも、一定程度上達しておく必要がある。これらのゴルフの上達を目的として通うものが、ゴルフレッスンである。ゴルフレッスンではゴルフクラブの握り方やフォーム、スウィングの仕方など基本的なところから、飛距離の伸ばし方やアプローチの上達など様々な部分から教えてもらうことができる。これらを教えてもらうことで、コースに出た場合に他の人についていくことが可能となる。また、コースに出た経験がある場合には、スコアを少しでも伸ばしたいという欲求がでてくる。これらの為にも、ゴルフレッスンに通い教えてもらうことで改善することが可能になる。東京では、ゴルフレッスンを行っている教室が数多くある。東京では、駅前などアクセスの利便性が良い場所に多くあったり、夜遅くまで開いている教室も多くある。東京では、会社帰りなどに駅近くでゴルフレッスンをしたいという人も多いため、これらのゴルフレッスン教室が多くなっている。また、東京では都心部などにも多く教室があるため、複数の教室の中から選ぶということもしやすくなっている。

素直に喜べない状況

ウーマン

ゴルフの練習中やプレー中にアクシデントに見舞われることがあります。そのような時に損害費用を出してくれるのがゴルファー保険です。保険の対象は様々ありますが、中には変わったものもあるのです。それがホールインワン保険です。滅多に出すことのできないホールインワンやアルバトロスといった好プレーは、ゴルファーにとっても憧れであり嬉しさもひとしおです。名誉に酔いしれたいところですが、ここで思わぬ出費が発生するのです。日本ではホールインワンやアルバトロスを達成すると、喜びを分かち合うという習慣があります。キャディーへの祝儀や祝賀会を開催したり、記念品を贈呈するのですが、これらの費用は達成者が負担することになっています。その費用は規模によっても異なりますが、少なくとも数十万円はかかってしまうのです。金銭的負担が大きくなる為、一般のゴルファーにとっては喜ばしくない出来事になってしまいます。そこで誕生したのがホールインワン保険です。ホールインワン保険は単体で扱われることはなく、ほとんどのゴルファー保険の中に組み込まれています。祝賀費用を補償してくれるホールインワン保険は有り難いものですが、支払いには条件があります。対象となるのは日本国内のゴルフ場で、キャディー及び1名以上の同伴競技者と正規にプレー中に発生した場合です。保険金を請求するのにホールインワンやアルバトロスを達成した証明書の提出が必要であり、その際にキャディーや同伴競技者などの記名捺印がいるからです。キャディー無しのセルフプレーや海外で達成した場合、ゴルフ場関係者やプロゴルファーなどは、保険の対象外となるので注意が必要です。